大阪の不用品回収処分

ワンルームマンションの不用品回収

ワンルームマンション階段で回収

今回のお客様はお得意様でよく弊社をご利用いただいております。マンションのお部屋を複数所有されている方で、それらの部屋をお客様や海外からの旅行者の方々に賃貸されておられます。

最近の多くの観光客、インバウンド需要さながら大変お忙しいようで、 ご事業も好調のご様子で す。

こちらのお客様は毎回現地のマンションに来ていただき、一緒に作業協力していただき部屋の不用品回収を致します。

そのご協力条件で料金をお安く回収させていただいておりますし、弊社としても人件費の削減で非常に助かっている次第です。

今回は4部屋分の片付けとなりますが、人手が足らず、友人と二人で作業を共にしました。

さて、本日は夏のお盆休みも明けて数日経過した日にあたります。今年はカレンダー上での長い盆休みが続き、世間一般は9連休という長すぎるお休みでした。

世間様では長い休日が明けて仕事に戻り、大阪市内に出ると普段通りの活気ある様相がすでに戻っているように窺えます。

私も、久方振りに普段よりはお盆休みを長く取得した為か、頭も体も休みボケ中で、この猛暑では労働意欲も一行に湧きあがりません。

従来であればお盆明けのこの頃は 、 夏の終わりに近付き、暑さも多少和らぐ頃なのですが、ここ数年は残暑どころか容赦ない猛暑の厳しさから逃れられず、我々のような肉体労働者達を悩ませます。

熱中症には気を付けて勤務してなくてはなりません。この炎天下では私のトラックの冷房コンディションも最悪で、吹き出し口からはぬる目の風がだらけるように吹き続けます。

酷暑の階段回収

しかも今回のマンションの4部屋分は全て階段作業です。4階と3階から手作業で家具や電化製品等重い荷物を1階まで降ろすハードな作業です。

酷暑にはつらい作業でダメージも残ります。作業協力を依頼した友人は普段は肉体労働をあまり行いません。

気の毒なのでほぼ私一人で階段作業することに最初から腹をくくっておりました。

今回の荷物の中で重たく厄介な物は、ベッドと2ドア冷蔵庫洗濯機くらいでしょうか。あとの家具類は一人暮らし用ですのでそう重い物ではありません。お荷物も分別済でまとまっています。

とは言っても酷暑での階段作業はやはり堪えます。普通に階段を上って降りるだけでも汗水が滝のように流れ出ます。

加えて、マンションの造りによっては階段の幅がとても狭かったり、曲がりくねっていたりで、大きく重い荷物が引っかかったりしてスムーズに降ろせません。

時間も要するしストレスを及ぼします。 着用していたTシャツや作業着はあっという間に汗水でずぶ濡れ状態です。

室内作業にもかかわらず雨天作業のように洪水となった汗水が止まりません。

ベッド、洗濯機、一人暮らし用
ワンルームマンション作業前

匂い

最近のシャツの生地は速乾性が優秀で素早く乾くので助かります。太陽の下に干せば30分くらいで乾きます。ですが、私のように年齢を重ねると汗水の効果は加齢臭というもう一つの不快感をもたらします。

その匂いは自分のコンディションにもよりますが凄まじく、こんなに臭い匂いがいったい自分の体のどこから噴出するのか疑問すら覚え不快感がさらに増幅します。

真夏の階段作業は暑さと体力、汗の洪水、加齢臭との闘いです。

他のシーズンに比べてダメージを長く引きずるのです。このような訳で真夏の階段作業はできれば1度たりとも行いたくないのが本音で、エレベーター付きである事を願うばかりなのです。

ですが、毎シーズン必ず数回機会が訪れて、加齢臭のダメージからは逃れる事はできません。

このようにネガティブな想いを抱きつつ、老体にむち打ち全ての部屋の階段回収作業を何とか終える事ができました。

過酷な労働を終えて加齢臭が染みついたシャツを着替えた後はとても清々しく、しかしいつもより長く感じる酷暑の一日でございました。

いつもご利用ありがとうございます。

ワンルームマンション作業後

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です