大阪の不用品回収処分

中央区から事務用品回収

平成30年 1月 中央区東心斎橋

お客様よりご依頼いただいた場所は、中央区東心斎橋の繁華街の中にあるビルでした。オフィスビルや飲食店が多く並び、外国人の観光客が多く行き交う賑やかな通りの一角にありました。そのビルは比較的中規模で綺麗に整備されており、個人オーナー様の所有されているビルのようでした。こちらのビルの1階でも飲食店が新規オープンするようで改装工事の真最中、活気あふれるような雰囲気を感じました。

最近の繁華街ではこのように新規オープンなどで改装中の店舗をよく見かけます。インバウンド需要に沸く観光地特有の状況のようです。多くの外国人観光客の方が大阪のおいしい飲食店で舌鼓を打ち喜ばれているようで、その需要で飲食店が続々とオープンしているようです。

ここ最近難波辺りでは、このような飲食店向けの空き店舗物件ががあればすぐに借りてが付くと聞いた事が有ります。店舗向き物件も不足気味との事。ほんの数年前までは不景気の状況がしばらく続き、つぶれて閉鎖している店舗を仕事中にもよく見かけました。そのような閉鎖店舗からの不用品回収も依頼が多かったように思われます。

現在のこのような活況もインバウンド様々といったところでしょうか。難波など大阪の繁華街では欧米やアジアなどからの外国人観光客の圧倒的な多さに驚かされます。ひと昔前では考えれない程の人の多さで、心斎橋筋の戎橋の上などは遠くから見る限り、まさに黒山の人だかりです。人の多さに限っては、普通の平日でも活気ある年末の賑わいのように思えます。この賑わいは日本人にとってはとてもありがたい事です。ここ難波には景気回復の波が確実に押し寄せているように思われます。

さて、本日の不用品回収ご依頼のお客様はこちらのビルの6階部分にある会社の事務所からでした。改装中の1階店舗のすぐ横にエレベーターがある為に、工事の邪魔にならないように気を付けながらエレベータを使い搬出する事になりました。

ご不用品は、事務机が5台、会議用の長机が2台、オフィスチェアーが10数個、ソファー、センターテーブル、パソコン、その他事務用品が数点、生活雑貨品などです。

お電話でお聞きしていたよりもかなり多くの不用品がございました。お客様にお手伝いいただきましたが、注意しなければならないのは、事務・オフィス系の商品は大型の物が多い為、当日に予定外の商品追加になるとトラックのスペースに入りきらない場合があります。何せ一つ一つの商品が大きいので大変です。

今回もまさしくそのケースに当てはまりました。予定していた商品より大きいものが、事務用机が1台、かなり大き目の会議用机1台、オフィスチェアーも数台追加、その他諸々。このままではトラックに積みきれないと判断し、オフィスチェアや事務机を現場でばらして積み込むことにしました。電動ドライバーや工具を使用して分解しました。予定よりもかなり時間がかかりましたが、お客様にもよくお手伝いいただき、何とか無事に全て積み込む事ができました。

お客様口コミ感想

「荷物が電話より増えたのですが、迅速に対応して下さり、助かりました。料金面でも他社より格安でしたので、また近日中に利用したいと思います。またその際はよろしくお願いします。」

ご利用、ご協力ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です